クックフォーミーでおでんを作れば、大根の下茹でも不要です。

こんにちは、えりです。30代、第一子を妊娠中の専業主婦です。

日々、クックフォーミーエクスプレスを使って料理を作っています。

私がクックフォーミーを購入したのは、

妊娠していて、これから料理のために長時間立ちっぱなしになるのが辛いな、と思ったこと
子どもが産まれた後、短時間で簡単に料理を作れたらいいな、

と思ったことでした。

クックフォーミーは

・自動で調理ができる→調理中は放置でOKなので、他の家事ができる!
・材料を入れたらボタン一つで調理できる→難しい操作は必要なし。ボタンを押すだけで調理開始!
・150レシピが内臓→わざわざレシピ本を見なくても、レシピが表示される!
・煮込む、蒸す、焼く、圧力調理が1台でできる→使い勝手が良く、色々な料理が作れる!

という素敵な機能が付いた自動調理鍋です。

今回は、おでんを作りました。

寒くなってきたのでおでんが食べたいな、と思ったのですが、おでんって意外と手間が掛かりますよね。

大根は下茹でして、味が染みにくいものから順に鍋に入れて長い時間コトコト煮込んで…と考えると、敬遠しがちでした。

そこで、クックフォーミーを使えば、手間が少なく短時間でおでんが作れるのではないか、と考えてチャレンジしました。

おでんのレシピは内蔵されていないので、今回はマニュアル調理です。

圧力調理の時間等は、クックフォーミーのサイトを参考にしましたが、おでんだしは既製品を使い、具材は自分の好みのものを入れましたので、材料についてはお好みで、と考えていただけると良いかと思います。(練物のセットやパックに入ったものをそのまま使っていますので、人数分より多いものもあります。)

材料は2人分で

おでんだし            …1000ml
大根(3cm幅輪切りで皮をむく) …9cm(大きい大根だったので4等分しました)
ゆでたまご            …2個
こんにゃく(三角に切る)     …1枚
ちくわ(ななめ半分に切る)    …3本
餅巾着              …3個
さつま揚げ            …2枚
がんもどき            …3枚
厚揚げ              …2個
はんぺん(三角に切る)      …1枚
ウインナー            …6本
がんもボール           …4個

クックフォーミーのおでんの具

鍋におでんだし、大根を入れます。

大根は下茹でなしです。

クックフォーミーのなべに下茹でしてない大根をいれた

クックフォーミーのスイッチを入れて、マニュアル調理→圧力調理→時間15分を選択。

クックフォーミーでおでんを作るために圧力調理を選択

クックフォーミーでおでんを作るために加圧時間を15分に設定

OKボタンを押し、予熱スタート。予熱時間は10分でした。

予熱が終わると、調理開始。時間は先ほど設定した15分です。

調理時間が終わったら、ふたを開けて次に火が通りにくい材料を入れます。

大根は、既に半透明になっていて、火が通っていそうな見た目でした。

今回、はんぺん・ウインナー・がんもボールは煮込み時間が短時間で良かったので、それ以外の材料(材料欄のゆでたまご~厚揚げまでのもの)を入れました。

クックフォーミーの鍋にゆでたまご、こんにゃく、ちくわ、巾着、さつま揚げ、 がんもどき、厚揚げをいれる。

こんにゃくは、臭みを取るために下茹でしてあります。

材料を入れてふたをすると、調理続行・停止・保温の3つが選ぶ画面になったので、調理続行を選択し、時間を1分に設定します。予熱時間はほぼ無く、調理開始です。

クックフォーミーで調理続行を選択

クックフォーミーでおでんの調理続行時間を1分に設定

調理が終わったら、同じようにふたを開け、はんぺん・ウインナー・がんもボールを入れます。練物は柔らかくなっていましたが、餅巾着はまだ少し固いかな、という感じでした。

クックフォーミーの鍋にはんぺん・ウインナー・がんもボールをいれる。

調理続行→圧力調理→時間を1分に設定。

クックフォーミーで調理続行を選択

クックフォーミーでおでんの調理続行時間を1分に設定

ここでの予熱は4分半ありました。

調理時間が終わったら、召し上がれ!と出ますが、そのまま15分保温して完成です。

調理が終わると1時間30分の自動保温が始まります。

だから、いつでも、温かい料理を食べることができます。

ですが、15分経ったら、自分で確認して電源を切ります。

紛らわしいのですが、下の写真は、クックフォーミーの自動保温が始まってから、29秒後のものです。

クックフォーミーでおでんの調理完了。そのまま、15分保温。

クックフォーミーで保温したら、硬かった餅巾着も柔らかくなりました。

温かいまま食べたかったので、鍋に移し、卓上コンロで温めながら食べられるようにしました。

クックフォーミーで調理したおでんを鍋に移し、卓上コンロで温めながら食べました。

食べた感想ですが、全ての具材にしっかり味が染みていて、とても美味しかったです。

大根は、繊維が残らず、箸ですっと切れるくらいの柔らかさになっていました。

色もきれいな半透明で、見ただけで味が染みているのが分かりました。

下茹でをしていないのに、これだけ柔らかく、味も染みているというのは感激です。

主人も、大根が美味しい、とたくさん食べてくれました。

こんにゃくやたまごも、煮る時間が少なかったので心配でしたが、ちゃんとだしの味が付いていましたよ。

練物も中までだしが染みていて、ふわふわになっていました。

途中確認したときには、まだ固かった餅巾着も、保温時間のおかげもあり、十分柔らかくなっていました。

ただ、圧力をかけて調理をするので、はんぺんやがんもボールは、味は美味しかったのですが、ふっくらせず、縮んでしまいました。

空気が多く含まれているようなものは、向かないのかもしれません。

最初に書いていますが、今妊娠中のため、長時間コトコト…という料理はなるべくしたくないな、という煮が本音です。

今回のおでんも、使った既製品のおでんだしに載っているレシピを見ると、大根は下茹でして、煮えにくいものから入れて弱火で30分、次に煮えにくいものを入れて15分、その後は崩れてしまうものやはんぺんを入れて、45分で完成する作り方になっていました。

ずっと見ていなくても良いにしても、吹きこぼれの心配もあるし、火が付いていたら近くにいないと心配ですよね。

でも、クックフォーミーなら、大根の下茹ではいらないし、予熱時間と調理時間、保温時間は本当に何もしなくていいので、パパッと作れた、という印象が強いです。

とても簡単で美味しかったので、具材を工夫しつつ、また作ってみようと思います。

クックフォーミーの購入を検討されている方へ!
クックフォーミーは便利です。ですが、実際に使ってみないとわからないこともあります。
購入した後に公開はしたくありませんよね。事前にぜひ、この記事をご覧ください。
⇒クックフォーミーを実際に使ってみてわかったこと

クックフォーミーでおでんを作ってみたよ。twitter投稿より。

クックフォーミーでおでんを作ってみたよ。

やっぱり、何か新しいことを試してみて、それが出来上がると、それなりの達成感というか、感動があります。

twitterへは「クックフォーミーでおでんを作ってみたよ。」という投稿が結構ある。

クックフォーミーを使えば、料理が苦手という方でも、気軽に料理作りを楽しめる。

まとめ

クックフォーミーを実際に使ってみてわかった、不満

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする